うなぎ処、福(高知県南国市)


【2016(H28) 7.25の様子】

本格的な夏が到来して夏バテが気になるところですが
土用の丑の日を5日後に控えた今日
夏バテ予防のために鰻(うなぎ)を食べに行ってきました。

調べてみると、「うなぎ処、福」さんへは3年振り(H25.4.22)の訪問でした。





お品書きです。 写真がうまく撮れていませんが、「うな丼、1250円」、
「うな重、2500円」、「うな重上、3550円」、「うな重特上、5000円」となっていました。

ご飯の大盛りは、相変わらずサービスとなっていました。





注文した、「うな重の大盛り」です。





本日の山椒は緑色で、香りが強く味の方も舌がかなり痺れるほどのパンチがありました。

もちろん、うなぎの味も上等でした。



本日(H28.7.25)の「うなぎ処、福」への訪問を期に、前回2013(H25)の様子と、
前々回2011(H23)の様子をUPしましたので、ご覧ください。

写真を見て、長年に亘って料理の内容や配置に寸分の違いもないことに感心しました。

また、我が家では、土用の鰻を食べに行くのは年1回のようで、
2012(H24)には「かいだ屋」さんに行っていました。


(H28.7.25UP)










【2013(H25) 4.12の様子】


前回(H25.4.12)の様子をUPします。




この時は、「うなぎ丼」を注文しました。

4月なので、果物はスイカではなくイチゴでした。





お品書きです。 文字が小さいですが、「うな丼、1200円」、「うな重、2450円」、
「うな重上、3450円」、「うな重特上、4850円」と書かれています。

(H28.7.25UP)










【2011(H23) 5.22の様子】


前々回(H23.5.22)の様子をUPします。




この金額は、前年(H22)と同じです。





この時も、うな重の大盛りを注文しました。

今日の料理とこの時の料理の違いは、う巻きたまごが付いていなかったことだけで、
お皿までが同じでした。 ビックリです。


(H28.7.25UP)










【2010(H22) 8.1の様子】

「うなぎ処、福」は、南国ICからすぐの「蛍が丘オフィスパーク」の東方にあります。
県道31号線沿いに、「うなぎ処福」と書かれたかかれた大きな木製の看板が目印です。
「うなぎ処、福」では、皮の部分がカリッと焼き上がったうなぎの蒲焼きが楽しめます。

場所、高知県南国市久礼田432-1  TEL 088-880-8833  



 

(左)、「うなぎ処福」と書かれたかかれた、道路脇の大きな木製の看板があります。

(右)、店舗の入口に、「商い中」の大きな看板がありました。





お品書き、基本のメニューは、「うな丼、980円」、「うな重、1700円」、
「うな重上、2500円」及び「うな重特上、3400円」の4種類です。

ご飯の大盛りは、サービスとなっています。





うな重の並(お吸い物、う巻き、酢のもの、香のもの、フルーツ付き、1700円)





うな丼(お吸い物、う巻き、香のもの、フルーツ付き、900円)



 

(左)、古民家風の天井部

(右)、座敷席、少し早かったので大きなカウンター席に案内されましたが、すぐに座敷席も一杯となりました



 

たれと山椒は、お好みでかけてください。         お箸袋


食後には、セルフサービスでコーヒーが楽しめます。


(H22.8.1UP)